FC2ブログ

心と身体に優しいインド舞踊

インド古典舞踊(モヒニアッタム)で、心も身体も元気に!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今からでも遅くない、やり直す

46691866_213050422921866_4184682680551473152_n.jpg

11月の連休はジャイロキネシスの更新のコースに明け暮れた。
ジャイロキネシスとはルーマニアのバレリーナがアメリカに亡命してから、
ダンサーが怪我をせずにレベルアップをはかるために作り上げられたエクササイズである。
今ではジャイロキネシスを愛する人々が全世界いる。
ダンサーだけではなく、俳優、声楽家、スポーツ選手、そして、もちろん一般の愛好化家など様々な人まで浸透している。
私は2005年にジャイロに出会いいくつものコースを受けて資格を取った。そのころに比べても沢山のインストラクターが日本にも増えていく。
二年ごとの資格更新は結構たいへんである。仕事を休まないといけないし、お金もかかる。更新料も支払わなければならない。
それでも義務として更新をしてきた。
けれども、今年のコースは何かが違った。
まず、この数か月の間私を悩ませてきた、左脚の違和感や痛みが一日目でピタッと止まった。
整体や接骨院に行っても直らなかったのに、今では何ともない。
さすがジャイロキネシスだ!と実感せざる終えなかった。
普段、私はフィットネスでジャイロキネシスを教えている。資格を取ってからだから15年ぐらい経つのだろうか。
ほぼ、ご年配の方が熱心に通ってくれる。15年続けている方も少なくはない。毎回満員御礼だ。
でも、私がコースで習うようなレベルは求められていないように感じてきた。
ヨーガ等マットで動くのは座るのが辛いから椅子のエクササイズがいいとか、少し姿勢が良くなるとか、身体が軽くなるからいいとか、そんか感じだから、コースに行ってもあまり持ち帰るものがないと思ってきた。
フィットネスでは個人を注意をしたり、お互いで体を触ったりすることはご法度である。
そのため、かみ砕いてゆっくりと、そして、楽しくやるように心がけてきた。

でも、そこには私の成長のなさが反映されてきているのではないかと今回思い知った。
私がしっかり学んでいてかみ砕くのと知識も努力も浅いままかみ砕くのでは、
相手がお年寄りだとしても変わっていくのかもしれない。
クラスが何となく楽しくてぼんやりしてしまうのではなく、
難しいとか、きついとかでなくても、府に落ちる体を動きを少しでも伝えたら
もっとクラスが明瞭になるのではないかと思った。もっと深いところに興味を持ってもらえるのかもしれない。
そうしたら、深いことも伝えていけるのだ。そのためには深い所をちゃんとわかっているインストラクターで有らなければならない。
もっとしっかり勉強しよう、磨きをかけよう、と改めて思える三日間だった。
同じことを目標に世代もバックグランドも違う仲間が過ごす時間は濃厚であった。
ナチュラルフローの井上朱実さんの指導とすてきな仲間のおかげである。
皆さん、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

 

bulletプロフィールbullet

maruhashi

インド古典舞踊家 丸橋 広実

南インド ケララ州の古典舞踊 モヒニアッタムの舞踊家です。
ヨーガ、ジャイロトニック、ジャイロキネシスのインストラクターでもあります。
美味しいもの、心と体に優しいことが大好きです。

bullet検索フォームbullet

bullet最新記事bullet

bullet月別アーカイブbullet

bulletQRコードbullet

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。