FC2ブログ

心と身体に優しいインド舞踊

インド古典舞踊(モヒニアッタム)で、心も身体も元気に!

Entries

大人も傷つく

先日枇杷系の同窓会があった。
枇杷系とはコンテンポラリーダンサーの山田せつこさんが率いるダンスグループだ。
私はインドへ行く前にこちらのメンバーだったことがある。
厳しい稽古についていけなくて悩んだ。
「インドへ修行へ行ってきます。」と言い残しインドへ。
帰ってきたら「インド舞踊家になります。辞めさせてください。」と周りを驚かせて辞めた。
それから20数年ぶりの同窓会だ。
私が辞めてからも沢山のダンサーが生まれては消えた。
今は枇杷系というグループは消滅した。
山田せつ子さんは今もダンサーとして活躍している。
20人弱の元メンバーが集まり話に花が咲いた。
奇才のせつ子さんと不器用な私たちの間には乗り越えられないやまがあったのだろうか。
私のように逃げ出す人も少なくはなかった。
あるとき「疲れました田舎に帰ります」と書置きを残して消えたダンサーがいた。
「大人だって傷つくのよ。」とせつ子さんはポロリと漏らしたという。
あの頃の私たちは、大人は傷つかないと思っていた。才能のある方は特に傷つくことなんてないと思っていたかもしれない。
すっかり酔いが回ったせつ子さんは
「皆さんを傷つけてごめんなさい」とこぼした。
それに対して元メンバーたちはどう思ったのかは計り知れない。
「自分たちが悪いのだ」「才能のない私たちの責任だ」など思ったのかもしれない。
でも、私は少し苦い思いをしながらその言葉を噛みしめた。
傷ついたことはある。そして傷つけたこともある。
でも、それを過去のものにしてはいけない。
私はまだ舞台に立ち続けている。傷だらけになりながらも経ち続けていくのが踊りの道だと思うから。
自分がやったことも、受けたことも一緒に踊っていく。
そこには、なかったことにはしてはいけないことがある。
それはせつ子さんが私に教えてくれたこと。
今も胸に抱いて踊っていくということなのかもしれない。

スポンサーサイト

ちょっと休憩

pop 小
久しぶりの投稿。もう誰も読んでないかもしれないかもしれないですね
これからはもっと真面目に取り組みます、
長年書いてきたブログから抜粋して本にまとめました。
9月8日の出版記念公演の案内やホームページやFacebookより情報を得た方々から200冊ほど買っていただきました。
後は
西荻窪の旅の本屋のまど
西荻窪のほびっと村の本屋さん
中野のタコシェ(本屋)
練馬のケララバワン(南インド料理)
厚木のボンベイ(インド料理)
等で本を販売していただいております。
もちろん私に直接ご連絡いただきましたら送ります。

9月8日の座高円寺公演から始まり、9月23日はケララ州の水害被害救済チャリティー@葛西で出演
同日ゆとりろん祭り@中野に駆けつけ踊りました。
29日はケララ州から素晴らしい南インド音楽のプリンス・ラーマ・ヴァルマ氏のコンサートで踊り
次の日はナマステインディアの予定でしたが、台風でステージがキャンセルになりました。
体力の限界だったので、ちょっと救われたような気がします。
10月14日はディワリ イン ヨコハマ(山下公園)
10月21日は高崎で招聘公演
の予定です。
11月は落語の発表会もありお稽古が間に合うかちょっと不安。
まあピークも過ぎたのでぼちぼち行きます。

満たされる!

久しぶりにブログを更新。本の出版するため、編集の方校正の繰り返しで文章を書くのに疲れ果てていた。
でも、久々に書きたい体験があた。先日、知人の誘いでヴェーダを学ぶ会に参加した。
そこでは、今までぼんやりとしていた知識が、少し明確になり、それは私の希望の光となった。
その小さな光を消さないようにブログに残そうと思う。
その日は、カフェスローの中の小さなスペースにvaaniiさんという修行名をもつ日本人の女性が現れた。ガネーシャプージャをすると聞いていたので、てっきりインドの男性が来ると思っていたからびっくり。透明感のある女性だ。
vaaniiさんはプージャのひとつひとつを説明しながら祈りを捧げた。大切なお客様を歓迎するかのように、神様を迎えるための段取りがあると。お祈りは人間のみに与えられた行為であると語る。努力した事で、得られる結果もあるけれども、努力を重ねても得られないこともある。それは。神に委ねてお願いをすることが大事であるとvaaniiさんはいう。
けれども、その願う相手の本質を理解しないで、どう信頼して、お願いができるのだらうか?と私たちに問いかける。
神であるバガワーンは絶対的に宇宙を司り、限りない富を持ち、ありあまる知識をもち満ち足りていて、不動の名声があり、私利私欲がなく、破壊と創造ができるパワーがある。
私たちの地球はその神の知識と富とスキルとパワーで創造されている。
その神に祈りを捧げるときに、迷いがあってはいけない。神しかいない。全てが神である、自分はかけた人間ではなく、すでに満たされている存在であると自覚することか必要である。
この宇宙の秩序の中で生かされている自分をこれらの知識があれば、客観的な見方をすることがでかる。
その知識こそがヴェーダンダに記されている。
そのヴェーダンダで学んだことを思い出すにもプージャが大切である。そのプージャのたいせな役割としてマントラを唱えること。なぜならマントラは人が作ったものではなく、もともとあるものだから。はるか昔から伝えられてきたパワーのある言霊。チャンティングとはそのマントラを発生する行為である。
チャンティングをすることで、ヴェーダの教えを毎日のように確認する事が大切である。
インドでヴェーダを学んでいるvaaniiさんに、何を目指しているか聞いてみた。
「どんな時でも、幸せで、満ち足りている存在でありたい」
私もそうありたいと思う。いきなり、自分でプージャとかは出来ないけれども、客観的な見方をするということはわたしには必要なことである。踊っているときは私は満たされている。でも、普段の生活は自分の欠点を嘆いたり、人の失敗をなじったりしてしまう。
踊っているときのように、絶対的なパワーに身を委ねて日々を過ごしたいと思った。

本の申し込み始まりました

『おしゃべりなインド舞踊 ~ケララに夢中~』の本の申し込みが始まりました。
丸橋広実のケララ体験記が初出版されます。
9月8日の座高円寺2での公演で販売されます。
公演に来れない方には本だけの予約も可能です。9月初旬に郵送いたします。
本+送料ですが、ブログを見た、と言っていただければ、送料はサービスいたします。

kanfeti0531.jpg

出版記念公演のチラシが出来ました!

チラシが出来ました!
6月1日からチケット販売開始です。
ケララ企画より本が出版されます。「おしゃべりなインド舞踊」1800円
ですが、前売りチケット4000円と本をセットで5000円!お買い上げいただければ800円お安くなります。
本は当日に公演でお渡しします。
今頑張って制作中。良い本と舞台を目指して頑張ります

A4_omote.jpg
A4_ura.jpg

Menu

 

bulletプロフィールbullet

maruhashi

インド古典舞踊家 丸橋 広実

南インド ケララ州の古典舞踊 モヒニアッタムの舞踊家です。
ヨーガ、ジャイロトニック、ジャイロキネシスのインストラクターでもあります。
美味しいもの、心と体に優しいことが大好きです。

bullet検索フォームbullet

bullet最新記事bullet

bullet月別アーカイブbullet

bulletQRコードbullet

QRコード