FC2ブログ

心と身体に優しいインド舞踊

インド古典舞踊(モヒニアッタム)で、心も身体も元気に!

Entries

苦手なことに挑戦すること

papa.jpg
この四か月間、最も苦手なことに挑戦してきた。
それは、歌うこと。自他ともに認める音痴。
カラオケなんて行ったら、場が静まり返るほどの音程が取れない。からかうのも躊躇われるほど酷いのだ。
なぜ、それなのに挑戦してきたか?
それは、ヴォーカリズムという新しい資格を取るため。
長年ヨーガを教えているが、中には、年齢を重ねていくことで元気がなくなってくる人も増えてくる。
誤嚥や失禁で悩んでいる方もいる。
正しい発声練習をすることは飲み込む力を付けたり、骨盤底筋を鍛えることにもなり、失禁の予防や改善にもなる。
同じフィットネスで働くの玉澤先生のクラスに出させていただいたときに興味を覚えたのだ。
これは高齢者の方々のためになる!そう思ったら、自分が音痴なのも忘れて研修に応募していた。
でも、そんなに世の中甘くなかった。
他の研修生は歌が得意なのは当たり前、プロで音楽活動している人までいる。
場違いな私は毎回、青くなったり、白くなったり、赤くなったり、壊れた信号機のようだ。
教官は目を三角にして私に厳しい指導をした。
どうしようもなくなり、主人に泣きつく。主人は音大卒業でギターリストでもある。歌も歌う。
それから毎日特訓が始まった。時にはピアノ、時にはギターで歌の特訓である。
二人で色々な歌を歌うようになった。
そして、試験が近づくと、私がヴォーカリズムの先生で主人が生徒となった。
近所迷惑もいいところである。もしかして、ヴォーカリズム殺人事件なんて起こってもおかしくないかもしれない勢いで歌った。
どうにか音が取れるようになったころ、歌うことが喜びへと変わっていった。
普段の話し声は低いような気がするが、声はソプラノらしい。
歌うことって気持ちいいと初めてこの年で知った。
そして、とうとうオーディションを迎えた。
緊張してしまい、逆にお茶らけてしまう悪い癖が出た。それに対して、厳しい指導官は「高齢者に対して相応しい指導ではない」と言い放った。
毎日、高齢者に指導している私に対してだ。高齢者の方のためにこの資格を取ろうとしているのに、だ。
悔しくてオーディション会場を抜け出して泣いた。気持ち悪くなり、少し吐いた
やり切ったとはいえ結果が恐ろしかった。
そして、今日、合格の通知をもらった。でも条件付き。しスキルを上げる努力をすること。
もちろん望むところである。
今のままではだめなのは一番私が分かっている。
これkらも人の何倍も努力していくつもりである。
高齢者の方の笑顔が浮かぶ。その笑顔を引き出すまでは負けない、くじけない!




スポンサーサイト

自分から変わる

国立リハビリテーション学院の手話通訳科にて身体j表現のクラス非常勤講師になって10年以上たとうとしている。
一年生の前期の授業で3か月だけで発表会にこぎつけなくてはいけないので大変である。
私はインド舞踊家なので、インド舞踊で発表会をやりたいところだが3か月では全く無理な話である。
そのため、1,2曲インド舞踊を編集して踊ってもらうが、後は学生の好きな曲に振付をしたりする。
もともと真面目な学生が多いため、熱心に取り組んでくれるために発表会はなかなか見ごたえのあるとものとなってきた。
今年も大変盛り上がり素晴らしい舞台になった。
でも、私は今までにない後悔を感じている。なぜなら、学生に憤りを見せてしまったからである。過去にも、もちろん、お説教をしたことはある。でも、今年は怒りを覚え、それを表に出してしまった。本当に恥ずかしいことである。
今年の一年生の多くがとても踊ることや表現が得意であった。
その中の一人は入学早々、足して車いすで教室に現れた。
最初は本人も私も戸惑ったが、椅子の踊りという表現に辿り着いた。
その学生の好きな曲のソロとインド舞踊の椅子を使った団体の踊りは大変見ごたえがあったと思う。
その他の学生の踊りもとても生き生きしていて素晴らしかったと思う。

では、なぜ、私が怒りを露わにしたのか?

毎年学年によってカラーがある。
猫に例えると、去年の新入生はおとなしく、ミルクを与えると夫夫のペースで静かに飲んで、それぞれの居場所に行き毛繕いをする感じ。お互いに毛繕いをすることはない。皆一匹猫である。
その前の年の学生はミルクを飲んだ後、牛乳パックで絵ハガキを作りお礼状を出すような丁寧な方々であった。
では、今年の一年生の現状は、ミルクを与えても、ちゃんと飲む子もいれば、それで水浴びをしたり、掛け合ったりして遊んじゃう、飲みたいのに遠慮して隅にいたり、ミルクはいいやと別のえさを探して回ったり、様子をボんやり見ていたり、と様々で、「こらー」と首根っこを捕まえなければいけない感じなんであった。
でも、踊りには熱心に取り組みどんどん良い作品を作る一方、事務的な作業がなかなかできない。
今まで国リハの学生は一言えば十やる方も多く、積極的に自分たちから動く学生が多かった。
そのため、発表会の準備は抜かりなく行われてきた。
でも、今年の一年生は自分から動くことも少なく、言われてもやろうとしないように見受けられた。
ある日厳しく注意した、それから彼らの行動は変わった。
実は、やればできる!優秀な学生ばかりであった。
では、なぜ彼らはやらないのか?
そう多分時代が変わったのだ。
彼らは指示がなければ動けないのだ。
すべて言わないといけない時代になったのだと確信した。
それではどうするか?
私が変わらないといけないのだ。
私がどうすれば、一人ひとりの学生がその優秀さを発揮するのかを手取り足取り指示しなければいけないことになるのだ。
それを今までと違うと言って怒り、学生を責めてしまう自分が本当に恥ずかしい。
人を変えるのではなく、まず、自分が変わる。そのことを肝に銘じて今後、先生という職業をやらせていただこうと思う。

一年ぶりの座禅断食

IMG_7968.jpg
久しぶりのブログです。ここまで空いてしまうとブログとは言えないかもしれません。
心入れ替えてブログを更新します。

今年も座禅断食に行ってきました。
座禅断食は最初のころは一年のうちに3回、その後は毎年一回か2回のペースで参加している。
身体のメンテナンスはもちろんのことだが、忙しすぎる日々から抜け出して座禅をすることが私には必要だ。
そして、もう一つの修行。
座禅断食二日目に簡単な衣装を着て踊ること。
まる2日食べていないと、だんだんぐったりして具合の悪い方も出てくる。
その人たちを勇気づけるため、また自分への挑戦も込めて踊ることにしている。
今年も30分間、解説付きで踊ることができた。
その後倒れては恥ずかしいので、気合を入れて座禅は続けて、無事に断食明けをすることができた。
明けの食事をして宿便をすべて出し、腸を綺麗にする。
この一年の不摂生を目の当たりにして反省もする。
でも、この体力、気力があるうちはまだ私は大丈夫。
踊りを続けられると自信にもなる。
いつか断食中に踊れなくなったら引退しようと思う。
もしくは踊りながら息絶えることが私の理想である。
座禅断食中だったら、世界で一番尊敬するお坊さんがいるので好都合であるが人に迷惑をかけるから
独り稽古の時、もしくは死期が近づいてきたら山の中に入り踊りながら最後を迎えよう。

このところ、ブログが書けないほど、忙しさを言い訳に自分と向かい合わないできた。
見失うことなく、自分の体と心に寄り添って踊っていくことをここに誓う。

壁を作らないこと

新しき年の抱負は、去年の暮れから決まっていた。
去年の暮れ、環境運動家の辻先生からお話の中からヒントをもらった。
私は辻先生にはいつも大きな刺激を受けている。
辻先生は去年11月ごろだったかパレスチナを訪れたという。
イスラエルの人たちに作られた壁の中で生活をしている様子を見てきたそうだ。
壁の中で幽閉をされている人々と、壁を作った人々とを見比べると大きな違いがあるという。
驚いたことに、辻先生には壁の中で暮らすパレスチナの人々の方が幸せそうに見えたという。
人と人との絆は強く、笑いとユーモアが絶えなくて、とても優しい人たちだったそうだ。
一方壁を作った側の人とたちは現代的な病、孤独にさいなまれたり、欲望に翻弄されたりしているように見えたという。
壁を作るということは、壁を壊されないかと恐怖に苛まれ、逆に自分が追い込まれてくることになるのではないかと辻先生は仰った。
私はまるで自分のことを見透かされているように感じながら話を聞いていた。
今まで、私は多くの人に壁を作ってきた。
意見が対立したり、すれ違ったりした人、何となく苦手な人、約束を破る人など多くの人に私は壁を作ってきた。
でも、何かの折にその人に会ったりすると気まずいのは自分の方であった。
壁など作らず、平常心で接した方がよっぽど楽であったのに。
自分を守るための壁は、実は自分を苦しめるためのものでしかなかった。
今年はその習癖を変えていきたいと思う。
勇気をもって心の扉は開いておこうと思う。
苦手な人に会ったとしても、あえて自分から働きかけないとしても、壁を作り避けたり遠ざけたりはしない。
それが今年の挑戦だ!

【ケーララを訪れたらすぐに使える、マラヤーラム語講座】

images.jpg
【ケーララを訪れたらすぐに使える、マラヤーラム語講座】を開きます!


 近年、南インド・ケーララ州には観光だけでなく、ヨーガ、アーユルヴェーダ、南インド料理を学ぶために訪れる方が増えています。また、日本のIT企業で働いたり、国際結婚をされて日本に在住されるケーララ出身者も少なくありません。

 ケーララ州の公用語はマラヤーラム語です。もし、マラヤーラム語を話せたら、現地の方とのコミュニケーションを深めるきっかけになるのではないでしょうか?

 月に一・二回、火曜日の夜、新宿駅近くの会議室でマラヤーラム語を一緒に学びませんか?

講師:Jojo Augustine(富士ガンガ主催)
アシスタント:丸橋広実(ケーララ州古典舞踊モヒニアッタム・ダンサー)
       安宅直子(インド映画愛好家)
会費:2000円
第一回開催日時:1月29日(火)18時から19時半
 
「富士ガンガ」(Fijiganga)とは日本とケーララ州の相互理解や文化交流などを目的とする非営利団体です

Menu

 

bulletプロフィールbullet

maruhashi

インド古典舞踊家 丸橋 広実

南インド ケララ州の古典舞踊 モヒニアッタムの舞踊家です。
ヨーガ、ジャイロトニック、ジャイロキネシスのインストラクターでもあります。
美味しいもの、心と体に優しいことが大好きです。

bullet検索フォームbullet

bullet最新記事bullet

bullet月別アーカイブbullet

bulletQRコードbullet

QRコード