心と身体に優しいインド舞踊

インド古典舞踊(モヒニアッタム)で、心も身体も元気に!

Entries

本の申し込み始まりました

『おしゃべりなインド舞踊 ~ケララに夢中~』の本の申し込みが始まりました。
丸橋広実のケララ体験記が初出版されます。
9月8日の座高円寺2での公演で販売されます。
公演に来れない方には本だけの予約も可能です。9月初旬に郵送いたします。
本+送料ですが、ブログを見た、と言っていただければ、送料はサービスいたします。

kanfeti0531.jpg
スポンサーサイト

出版記念公演のチラシが出来ました!

チラシが出来ました!
6月1日からチケット販売開始です。
ケララ企画より本が出版されます。「おしゃべりなインド舞踊」1800円
ですが、前売りチケット4000円と本をセットで5000円!お買い上げいただければ800円お安くなります。
本は当日に公演でお渡しします。
今頑張って制作中。良い本と舞台を目指して頑張ります

A4_omote.jpg
A4_ura.jpg

ピンもゴムもない美容室

ぼちぼち亭2018春

私は趣味で落語をやっている。皮肉なことに踊りより才能があるといわれることもある。
もしかしたら、それは、落語に才能があるのではなく、踊りは私には向いていないといわれているのかもしれない(涙)
さて、その落語の高座は今回で8回目。古今亭菊千代師匠から学んでいるサークルぼちぼち亭では5回目の高座となる。
先輩たちはベテランの方たちばかり。(3回は知人のサロンでやらせていただいた)
落語が下手の分、せめて見た目が見苦しくならないように、毎回、美容室へ行って髪をセットしてもらっている。
けれども、いつもお願いする美容室が予約が取れなかった。仕方がないので、目に数回行ったことがある新宿の美容室へ出向いた。→美容室のサイト http://www.fasssalon.com/
そこは予約制ではなく、カットとセットを20分で手短に仕上げてくれる。
到着したところ、順番待ちしている人も3人だったのですぐに順番が来るだろう気長に座っていた。
けれども、スタッフがお昼に行ったり、やたら長引かせる客だったりと1時間は経過してしまった。
やっと気が遠くなり卒倒するかと思った瞬間やっと呼ばれた。
けれども、そこからがもっと試練となる。
私というより、私を担当した美容院のお兄さんの試練というべきか。
なんと、この美容院のシステムは、セットといっても、髪をまくとかブローするぐらいで、髪のアップはやらないというのだ。
「一時間もまったから後に引けない、どうにかしろ!」とごねる私に
スタッフのお兄さんは申し訳なさそうに
「当店ではゴムもピンも置いていないのです。」
なんたることだ!ピンもゴムもない美容室があるとは、もちろん想定外であった。
それでも、食い下がる私にスタッフはもう「私から逃げられないと腹を決めた。
私の持っていた一本のゴムを使い、編み込みを取り入れながら、懸命に仕上げてくれたのがこの髪型。
もしかしたら、爆発するかもしれないから、道すがらピンを買って止めてくれと言われた。
もしかしたら、派手過ぎて師匠に怒られるかな、と思いつつ、このパイナップルのような髪型でぼちぼち亭の発表会に向かう。
高座の最中にゴムが切れて髪がばらばらになったらどうしよう、と不安になる。
今日の題目が四谷怪談だったら効果があるのだけど、親子の会話が中心の初天神。
もう天神様にお祈りするしかない。
果たして、髪は爆発することなく無事に発表会は終わった。
美容室のお兄さんが目に浮かぶ。本当に心から感謝をしたい。
もうこれは鶴となって恩返しに行くしかない。
「ピンが一本、、ピンが二本、、」違う皿屋敷ではない。
襖を開けてはなりませぬ。といいながらウイッグを作る鶴になるのだろうか。
私のような人が来たらウイッグを進めてください、とお願いするのだろうか。
本当にありがとう。お兄さん。このご恩は一生忘れない。
あ、肝心の落語はどうだったのか?
髪型のことで力を使い果たしたので、かえって方の力が抜けていたかもしれない。
自分自身が楽しめました。

古民家カフェでインド舞踊とインド料理を楽しみませんか?

31143998_10215265003034259_8201173385229631488_n.jpg
古民家カフェでインド舞踊&インド料理を楽しむ日曜日

日時:2018年6月3日(日) 12時開場


12時半~ インド舞踊 13時半~ スペシャルランチ
2169706_10215387858105559_8293225160132001792_n.jpg32231629_10215387858585571_2899627589414944768_n.jpg
32207657_10215387859025582_5638257655429464064_n.jpg32130482_10215387858745575_5824195495572013056_n.jpg
カレーだけがインド料理ではない!メニュー紹介

ケララバワン🏝スペシャルランチBox

🏝タラシェリ・ベジタブル・ビリヤーニ
(ケララ・カイマライスの野菜炊き込みご飯)
🏝インジ・ジーラガム・タイレ
(生姜とクミンとヒマラヤ岩塩のヨーグルト)
🏝エッグロースト
(ドライ卵🥚カレー)
🏝シュリンプマサラ
(大海老🦐の炒め物)
🏝ハーフパロータ


料金: 3500円(踊りと食事つき)限定25人

場所: くまから洞 最寄り駅:西武新宿線 野方駅 徒歩5分
場所 くまから洞
https://kominka-kumakarado6-40.amebaownd.com/pages/1587321/PROFILE

出演 : 丸橋広実(司会) 高橋美麗 佐藤麻衣子 アリチア

22228182_1422096224525564_8852693686335592951_n.jpg

スタッフ :豊嶋晶子

食事提供:南インド家庭料理 ケララバワン


主催:ケララ企画

お問い合わせ・お申込み先:ケララ企画 keralakikaku@gmail.com

080-3013-0924

広告を頂くということ

ケララバワン広告
今年も公演が9月8日に決まり、今はチラシの制作準備に追われている。
毎年、広告を裏面に掲載することで協賛をお願いしている。
毎年少しずつドラマがある。
今年は去年からの付き合いのインド料理屋さんには驚かされた。
このごろ増えているIT関係のインド人が出資するインド料理屋さん。
今年も広告を出したいとのことで話を進めていたが、
デザイン確定の時期に突然のディスカウント。時期を狙っていたのだろうか?
私は自分がディスカウントされたような気がしてとてもショックを受けてしまった。
それでは広告は結構です。とだけ相手に伝えた。
慌てたのか、広告はいらないからお金だけ受け取って欲しい、と交渉してきた。
それも困るので、スペースを小さくして広告を出してもらうことにした。
空いてしまうスペースをどうしようかと思い、新宿のムットさんに相談。
ムットさんは家族の問題やビザの問題を抱えてとても大変なのは知っているのでためらった。
でも、ムットさんは私に会う度「あなたの踊りは素晴らしいから私は応援した、広告を出したい」
と言い続けてくれた。今回も直ぐにOKしてくれた。
けれども、私は広告代以上にムットさんにはご恩を返さなければいけないと思う。
スタッフや生徒との打ち上げパーティはムットさんのところを貸し切りにすることは決めたが、もっともっと役に立たなくてはいけない。
そして、クマりカレー。阿佐ヶ谷のインド、ネパール料理のお店だ。店長のタパさんはもう10数年広告を出してくれている。
今年も電話で「大丈夫ですよ。」優しく対応してくれた。
でも、実は千葉にある支店を閉めたばかりだと後で人づてに聞いた。
タパさんはそんなことは一言も言わなかった。
いつも「大丈夫ですよ」と励ましてくれる。
最後に何と言ってもケララバワン。サシさんは気持ちよく毎年広告を出してくれる。
サシさんの仕事が成功するのは、このサシさんの人柄なんだと思う。
いつ行ってもお店は盛況である。ケララで食べるよりも美味しいと思うことがある。
そのケララバワンのお弁当が公演当日スタッフや出演者に配られるので、皆テンションが上がる。
ティラキタさんも毎年応援してくれる。
本当に私はこの方たちへの恩をどう返していったらよいのだろうか。
沢山の想いを載せて舞台までの船が出ようとしている。

Menu

 

bulletプロフィールbullet

maruhashi

インド古典舞踊家 丸橋 広実

南インド ケララ州の古典舞踊 モヒニアッタムの舞踊家です。
ヨーガ、ジャイロトニック、ジャイロキネシスのインストラクターでもあります。
美味しいもの、心と体に優しいことが大好きです。

bullet検索フォームbullet

bullet最新記事bullet

bullet月別アーカイブbullet

bulletQRコードbullet

QRコード